Ms CoinExpert のコインニュース

アンティークコインの知識や、最新情報を発信します。
TOP ≫ CATEGORY ≫ ギリシア神話の神々
CATEGORY ≫ ギリシア神話の神々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

~完。ギリシア神話の神々

今までギリシアコインに描かれたギリシア神話の神々をご紹介してまいりました。
描かれている神々や人物などを知ることにより、皆様のコイン蒐集がさらに興味深く、
面白いものになってゆくと思っております。
代表的なギリシコインに描かれた神々をあげてまいりましたが、他にもさまざまな神々が描かれています。
ギリシアコインをコレクションする際の楽しみにしていただければと思います。
明日より、「大型銀貨の名品」についてお話してゆきたいと思います。

ありがとうございました。
スポンサーサイト

古代ギリシャ人の御守り「目を見ると石になるゴルゴン」

ゴルゴン3姉妹は「英雄ペルセウスが母を護るためゴルゴンの首を持ち帰る」
という英雄ペルセウスの冒険の話に出てくる。
髪は生きた蛇で、空を飛べた。また、目を見たらたちまち石になってしまうといった恐ろしい怪物であった。
弱点は3姉妹の末妹、メドゥサだけが可死であることだった。
そこでペルセウスはメドゥサが寝ている間に姿が見えなくなる兜をかぶり、
空飛ぶサンダルで空中から近づき、鎌でメドゥサの首を切り落とし、見事首を持ち帰る。
古代ギリシア人はこの恐ろしいメドゥサを門や楯に描き、悪から身を護るための御守りとしたと言われています。

ゴルゴンが描かれたドラクマ銀貨 
ゴルゴンが描かれたドラクマ銀貨



gorugonn.jpg
こちらのゴルゴンは怪物というよりも愛嬌のあるゴルゴンが描かれています。
 「ペントキオン20.4グラム 430-420B」



☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト


人気ブログランキングへ
☆クリックをお願いします☆

「自然の豊穣と酒の神 デュオニソス (英語名:バッカス)」


デュオニソスはゼウスとテバイ王女セメレの間の子であったが、ゼウスの正妻ヘラの嫉妬にあい、テバイ王女セメレはデュオニソスを妊娠したまま焼け死んでしまう。
ゼウスはテバイ王女セメレのお腹の中から6か月のデュオニソスを取りだし、
自分の太ももに隠したため、デュオニソスはゼウスの太ももから生まれることになった。

 デュオニソスはブドウの栽培と酒の製法を生み出し酒の神となった。
その後ヘラの逆襲にあい、狂わされてしまうのだが、狂気の宗教を生み出し、
狂気の祭りを流行らせ、酒の神として認められるようになる。
 狂気の宗教は酒は人々を高揚させ、一時的に精神を解放させるが、
飲み方を間違えると時として恐ろしい麻薬のようにもなることを示唆している。

デュオニソスはミケランジェロに「バッカス」の作品で描かれています。
デュオニソスの穏やかで、頬が赤くなった恍惚の表情が印象的であり、
また、手元を見ると爪が汚れており、酒におぼれることへの警告を示唆しているとも感じられます。
所蔵先「ウフィッツィ美術館」


デュオニソスが描かれたギリシャコイン
紀元前1世紀 セルティック 西ヨーロッパ テトラドラクマ銀貨16,6グラム
幼少のデュオニソス
酒の神 デュオニソス
ヘラクレス
裏 ヘラクレス

☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト


人気ブログランキングへ
☆クリックをお願いします☆

「女戦士 アマゾン」

 アマゾンの父神は乱暴者の軍神アレスです。
軍神アレスは乱暴で、野性的であったため、ギリシャ神話での評価は低いのですが
ローマ神話ではローマ建国の祖ロムルスの父として、ゼウスのと同じくらい崇められています。
また、外見はたくましく、美男子であったため女神やニンフから人気があり、アフロディテの愛人でもありました。

その影響を受けたアマゾンはギリシア人の考えていた文明のあり方と正反対の野性的な文明を築きました。

 ヘラクレスが大罪を犯し、その罪を償うため12の内10の難業を成し遂げたとギリシア神話にありますが、
その一つに「アマゾン族女王の宝である帯を入手すること」がありました。
そのためギリシアに対し敵意を持ち、アマゾンの女王ペンテシレイアはトロヤ戦争に参戦、トロイヤ側につきました。。
このアマゾン族は実在し、黒海沿岸に女戦士だけの都市を築いていたといわれています。
実際に発掘調査により、女戦士と思しき白骨がその周辺で多く見つかっています。

アマゾンを描くコイン
アマゾンが描かれたテトラドラクマ

アマゾンが描かれたテトラドラクマ銀貨裏



アイオリスのテトラドラクマ銀貨

☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト


人気ブログランキングへ
☆クリックをお願いします☆


「冥界の神ハデスの妃にさせられた農業の女神の子ペルセポネ」

ペルセポネはゼウスと農業の女神デメテルとの子で母デメテル仲睦まじく暮らしていました。
あるときゼウスがペルセポネを冥界の神ハデスの妃にしようと画策。
ペルセポネが花摘みをしていると、地面が割れ、冥界から現れたハデスに連れ去られてしまいました。
それに気づいた母、デメテルは下界を放浪してペルセポネを探すのですが、農業の神が不在となった地上では、大地の作物がなくなり飢饉がおこり、人間が死ぬ寸前になってしいます。
これに見かねたゼウスが取り計らい、3分の2は地上で母デメテルと暮らし、3分の1は冥界で暮らすようにしたのです。

これにより、ペルセポネが地上で暮らしている間は大地が豊かになり、作物の収穫が増えるが、ペルセポネが冥界にいる間は暗い冬が訪れ、作物が取れなくなったのです。

このペルセポネを描いたコインは
植民都市ロクリス テトラドラクマ銀貨 (11.9 g)360-350 BCに見られる。

ペルセポネ  ロクリス テトラドラクマ銀貨 (11、9 g)360-350 BC
ペルセポネ
ペルセポネ 裏ロクリス テトラドラクマ銀貨 (11、9 g)360-350 BC





☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト


人気ブログランキングへ
☆クリックをお願いします☆
お気に入りに追加する
プロフィール

Ms CoinExpert

Author:Ms CoinExpert
Ms CoinExpert 吉岡 美栄
外国貨幣研究家、元ジェミニ代表の平木啓一氏の下6年間、アンティーク貨幣売買に携わり、
2013年11月にCoinExpert.LLCを設立。
Managing Directorとして日々奮闘中。

 

最新トラックバック
新着+関連記事
過去の記事
┗朝晩は涼しく過ごしやすくなってきました。生鮮食品売り場にはブドウやナシなど、秋の食材が並び、目黒のさんま祭りがおこなわれると、いよいよ秋を感じます。今回は【魅力
┗ イギリスにとっての新天地は、カナダを筆頭として、オーストラリアやニュージーランドなどがある。そうした地域は政府発行の貨幣が登場するまで、TOKEN--代用貨幣が広く
┗    スペインから奪取した金銀で作られたVIGO銘のコイン                     イギリス アン女王 VIGO クラウン銀貨 1703年 AU55  1702年
┗ヴィクトリア 1839年 ペニー銅貨 PR65ウナ&ライオンといったクラスのコインともなると誰もが手を出せる代物ではない。しかしながら、ペニーのようなマイナーコインだと
┗ウナ&ライオンーーすなわちウィリアム・ワイオンが刻んだ、ヴィクトリア女王が獅子を従える姿を描く5ポンド金貨は、世界の名品として名高い。何しろデザインが優雅な
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。