Ms CoinExpert のコインニュース

アンティークコインの知識や、最新情報を発信します。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 大型銀貨の名品
CATEGORY ≫ 大型銀貨の名品
       次ページ ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

イタリア銀貨の名品

 イタリア王国はサルディニアが全土を統一して成立したが、1861年以前はサルディニア島に拠る小国であった。
1816年に早くもラテン貨幣同盟の標準規格――大型銀貨が量目25グラムの5リレ銀貨を発行した。

 王国成立直後の1861年の5リレ銀貨は、表情の険しいヴィットリヨ・エマヌエレ2世の肖像を描くが、
グレードの良好のものは珍しくなった。
肖像が小さくなったタイプや、次のウンベルト1世にも、特別な年号が存在する。

 貨幣研究家のヴィットリヨ・エマヌエレ3世(1900-45)が即位した直後、1901年にとんでもない大珍品が出現したのである。
それは国王の右肖像を描くタイプの5リレ銀貨で、わずか114枚だけ製造された。
裏面の鷲の紋章は、2年後に金貨でも用いられるようになったが、何しろ見事なもので世界の近代コインの傑作中の傑作である。
この5リレ銀貨は稀少性も100リレ金貨より高いことから、評価も2倍以上の差が生じている。
金貨が左肖像である以外は大きな違いがなく、鷲の紋章タイプの大型銀貨と大型金貨が揃うと、
それこそ壮観極まりないコレクションになる。

 1911年の〈王国50周年〉記念5リレ銀貨は平凡だが、1914年の通常タイプの5リレ銀貨の稀少性は極端に高い。
これは発行数が27万3000枚と多く、普通ならさして高い評価を受けないと思われるはずだが、
表面には大礼服姿の国王を描き、裏面のクァドリガ――4頭立2輪戦車はギリシア期シラクサの銀貨を彷彿とさせられる素晴らしさから、人気が高く、市場にあまり出てこない。
1911年の記念5リレ銀貨が発行数6万枚にもかかわらず、評価が5分の1以下だから、14年の5リレ銀貨の珍品化は七不思議と言えるだろう。01年の5リレ銀貨とともに、資産価値の大きな存在である。もちろん世界の名品の1枚と断言してよい。



                    Italy 5lire 1Italy 5lire

                         イタリア5リレ銀貨 1914年 MS63


bnr_top_main.jpg

お問い合わせはこちらからどうぞ




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

イギリス ヴィクトリア女王 1847年 ゴチッククラウン 

早いもので、もう12月も半ば。
東京はどこもクリスマスのイルミネーションで街が美しく飾られています。
久しぶりにライトアップされた表参道の並木道を歩いたのですが、オレンジ色の暖かい光に心がホッと暖かくなるのを感じました。
2014年にノーベル賞を受賞した3人の日本人物理学者に感謝します。


さて、本日は大型銀貨の中でも美しい作品として知られる 〈ゴチック・クラウン〉についてです。
ウィリアム・ワイオンによるデザインでヴィクトリア女王の即位10周年を記念して発行されました。
プルーフ貨8000枚が発行されましたが、流通貨であったためプルーフの状態で現存するコインは多くはありません。
イギリス 1847年 ゴチッククラウン UNDECIMO ON EDGE PCGS PR63イギリス 1847年 ゴチッククラウン UNDECIMO ON EDGE PCGS PR63 裏

イギリス 1847年 ゴチッククラウン UNDECIMO ON EDGE PCGS PR63



ゴチッククラウン(ゴシッククラウン)とは銘文の字体からそう呼ばれています。
西ヨーロッパで12世紀から15世紀にかけてはブラックレターが使われ、ドイツでも20世紀までドイツ文字としてブラックレターが使われていました。
ブラックレターは英語でGothic Script(ゴシック体)を指します。
そのブラックレターを1847年 ヴィクトリア女王 クラウン銀貨の銘文に使用したことからゴチッククラウン(ゴシッククラウン)と呼ばれるようになりました。

ヴィクトリア女王のゴチッククラウンにはPlain edge とUNDECIMO on edgeのタイプが存在します。
後者の縁にはUNDECIMO と記されており、第1年目(1847年)発行であることを示しています。

ゴチッククラウン(ゴシッククラウン)は貨幣史上に輝く名品と言えるでしょう。



イギリス 1847年 ゴチッククラウン UNDECIMO ON EDGE PCGS PR63はCoin-Expertオンラインショップで紹介しています。

オランダ領の大型銀貨

 オランダ領西インド諸島の1794年の3フルデン銀貨は、
本国がフランスに脅かされた政情不安の下に発行されました。
1226枚だけ製造されていますが、現存数は僅少と考えられます。
紋章下のW(西インド諸島を表す)により、本国の類似タイプと分類できます。

 同様にオランダ領東インド――バタヴィアの大型銀貨は、
東インド会社の象徴VOCの組合わせ文字が見られます。
アジアにおける貿易銀だったから、重要な存在のコインと考えられます。

これまで1800年以前の大型銀貨の名品をピックアップしてご紹介してまいりましたが、
17世紀から18世紀、あるいはそれ以前の大型銀貨はどれも魅力的だと言えます。
グレードの良いものが少ないのですが、ここでもグレードが問題で、FINE以下は絶対に避けたいところです。


☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト


人気ブログランキングへ
☆クリックをお願いします☆

初のドル額面コイン

 ドルを額面とする最初のコインは、1791年にシエラレオネで発行された大型銀貨です。
獅子を描く見事な銀貨です。
しかしながら流通市場での成功は収められませんでした。
これはマイナー貨まで揃うため、そこを追いかけてコレクションにしても面白いと思います。

1791年シェラレオネ会社 1ドル銀貨 

1791年シェラレオネ会社 1ドル銀貨 
 
 アメリカは1795年から1ドル銀貨が発行されました。
これは1804年までの初期タイプが名品にランクされます。
ただしグレードがEFクラスは欲しいものです。
アメリカ 1ドル銀貨 1795年

アメリカ 1ドル銀貨1795年


☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト


人気ブログランキングへ
☆クリックをお願いします☆

ロシアの大型銀貨

ロシアはピョートル1世(1682-1725)の治世下でルーブル銀貨の発行が開始されました。、
ところが製造技術の拙劣さ――とりわけ極印が浅彫りなことが目立ち、グレードの良いものが残っていません。
近年は値上がりが著しいですが、
単一年タイプの2種――1741年のイワン6世と1762年のピョートル3世のルーブル銀貨は、
グレードがVF+クラスなら名品と考えてよいでしょう。
 
ロシア ルーブル銀貨1724年 ピョートル1世

ロシア ルーブル銀貨1724年 ピョートル1世


☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト


人気ブログランキングへ
☆クリックをお願いします☆
お気に入りに追加する
プロフィール

Ms CoinExpert

Author:Ms CoinExpert
Ms CoinExpert 吉岡 美栄
外国貨幣研究家、元ジェミニ代表の平木啓一氏の下6年間、アンティーク貨幣売買に携わり、
2013年11月にCoinExpert.LLCを設立。
Managing Directorとして日々奮闘中。

 

最新トラックバック
新着+関連記事
過去の記事
┗朝晩は涼しく過ごしやすくなってきました。生鮮食品売り場にはブドウやナシなど、秋の食材が並び、目黒のさんま祭りがおこなわれると、いよいよ秋を感じます。今回は【魅力
┗ イギリスにとっての新天地は、カナダを筆頭として、オーストラリアやニュージーランドなどがある。そうした地域は政府発行の貨幣が登場するまで、TOKEN--代用貨幣が広く
┗    スペインから奪取した金銀で作られたVIGO銘のコイン                     イギリス アン女王 VIGO クラウン銀貨 1703年 AU55  1702年
┗ヴィクトリア 1839年 ペニー銅貨 PR65ウナ&ライオンといったクラスのコインともなると誰もが手を出せる代物ではない。しかしながら、ペニーのようなマイナーコインだと
┗ウナ&ライオンーーすなわちウィリアム・ワイオンが刻んだ、ヴィクトリア女王が獅子を従える姿を描く5ポンド金貨は、世界の名品として名高い。何しろデザインが優雅な
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。