Ms CoinExpert のコインニュース

アンティークコインの知識や、最新情報を発信します。
TOP ≫ CATEGORY ≫ オーストリア 100コロナ 1908年 「運上の女神」
CATEGORY ≫ オーストリア 100コロナ 1908年 「運上の女神」
      

~真のエリザベートは~


エリザベート

さまざまな芸術作品に描かれたエリザベート。
エリザベートはあまりの美しさに人々から好奇の目で見られることを嫌がり
扇で顔を隠していることが多かったと言います。

エリザベートと言えばバイエルンの薔薇と呼ばれたり、
自他ともに認めるヨーロッパ随一の美女でしたが、
「美しすぎるがゆえに信じてもらえなかった人道主義者」でもありました。

1866年6月に勃発したプロイセンvsオーストリアの戦争ではエリザ-トが慈愛溢れる看護師として活躍。
また、オーストリア=ハンガリー二重帝国の成立にも尽力しました。
人権に重きをおく、慈愛に満ちた女神のような面も持ち合わせていたのです。

エリザベートは成熟するにつれ、神秘性を増してゆきます。
精神病でないか?疑われるような性格でしたが、
19世紀においては変人であったとしても、ただ近代的で先進的な女性であっただけでないか?と私は思います。
エリザベートはギリシャ神話を好み、中でもアキレウスの生きざまに惹かれていました。
大好きなギリシャの離宮にベルリンの彫刻家エルンスト・ヘルターに依頼したアキレウスの彫刻を造らせたほどで、
その傍らでホメロスの『イリアス』を読んでいたそうです。
エリザベートは孤独を好み、一人で物思いに深けるのが好きだったそうです。。
男性よりも美しい女性への執着があり、エリザベートの付人はみな独身で、美しいハンガリー人女性でした。
乗馬、一日30分2回の水泳、競歩・・・・・・体を鍛え、美の追求に対してもすさまじいものがありました。

若い頃、みんなから注目される美貌を持つと言うことは、年を重ねるにつれ、
どれほどそれをプレッシャーを感じることになるのか、考えるだけで恐ろしくなります。

しかし、女性に生まれ、「大変美しい女性」として歴史に名を刻めることは大変名誉なことですよね。




☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

~エリザベートとの別れ~


晩年のエリザベートは身分を隠し、船旅をすることが多くなります。
1898年9月10日、秋晴れのジュネーブ、ホテル・リヴァ―ジュの前で、
エリザベートは無政府主義者、ルイジ・ルケーニに木片にヤスリをつけた凶器で胸を刺されます。
ホテルのドアマンはスリと勘違いしたほど一瞬の出来事であったそうです。
それからお気に入りのハンガリー人の付人と一緒に乗船場まで歩いたものの、乗戦場へ到着するや否や倒れこみます。
ここで付人がエリザベートの身分を明かし、ホテルへ運ばれるも、帰らぬ人となってしまいます。
エリザベートの死の翌日、フランツ・ヨーゼフ皇帝は「私がこの女性をどれほど愛していたかわかるまい・・・・・・」
と悲しみ嘆いたと言います。

☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト




人気ブログランキングへ
 

~フランツ・ヨーゼフとエリザベート~


皇帝フランツ・ヨーゼフと出会ったころのシシィ(エリザベートの愛称)は若干15歳。

トラブルメーカーで、空想癖があり、学業にはあまり身が入らず、自由奔放で天真爛漫な少女でした。
少女時代はさほど美人ではなかったという説もありますが・・・?

一方のフランツ・ヨーゼフは生まれながらの美男子で、完璧な優等生でした。
フランツ・ヨーゼフは性格が正反対のエリザベートを妻に選んだのです。
フランツ・ヨーゼフとエリザベートは二人ともうっとりとした美男美女で、
オーストリア国民に明るい希望を与え、熱狂的な人気を生み出します。

しかしながら、15歳のエリザベートにとって、思春期時代を皇室で過ごすことはあまりに過酷な試練でした。
フランツ・ヨーゼフがエリザベートを心から愛していたからこそエリザベートは皇室で生き抜くことが出来たのでしょう。

☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト




人気ブログランキングへ
 






~二人の出会い~


オーストリアの標語は「幸いなるオーストリアよ、汝は結婚せよ」であり、
侵略戦争より、政略結婚により領土拡大してきました。

オーストリア王家のモットーです。

フランツ・ヨーゼフとエリザベートの出会いは1853年8月16日オーストリア西部のティロル、
夏の避暑地での舞踏会でした。

もともとはフランツ・ヨーゼフの母、ゾフィー大公妃がエリザベートの姉ヘレーネとお見合いをさせようと画策したものでしたが、フランツ・ヨーゼフが着飾ったヘレーネより、一番地味な格好をした妹のバイエルン公女エリザベートに熱を上げてしまったことに始まります。
フランツ・ヨーゼフの母への初めての反抗でした。
それ以降、フランツ・ヨーゼフはエリザベートと出会ってから死が二人を分かち合うまで、
エリザベートを愛し続けたと言います。

フランツ・ヨーゼフの母 ゾフィ―大公はオーストリアフランス大使館宛てへの書簡で、
エリザベートの家柄が、未来の皇后としてはあまり高い地位でないことを心配していたと言います。

そのころフランスでは恋愛結婚が一般的でない時代にもかかわらず
ナポレオン3世とウージェニーは恋愛結婚をしていました。

やはりフランスは恋愛や結婚においていつの時代でも寛容で、先進的であったのですね。

☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト




人気ブログランキングへ
 





金貨の名品 オーストリア 100コロナ1908年「雲上の女神」

フランツ・ヨーゼフ1世 皇位60周年を記念して発行された
オーストリア 100コロナ 通称「雲上の女神」。
1908年のみの発行となります。
国内外で人気の高い金貨で、ファンも多くいます。
日本でも言わずと知れた・・・コインかもしれません。
この金貨はフランツヨーゼフ皇帝の愛妻、絶世の美女で知られる
エリザベート皇后が女神となり、雲上からフランツヨーゼフ皇帝に祝意を讃えている様子が描かれています。
PF(プルーフ)63が365万円、MS64 330万円(2015 年4月のレート)の間で取引され、
近年未使用クラスのものは非常に高値を付けています。

雲上の女神雲上の女神2


☆☆今後もCoin-Expertを宜しくお願いします☆☆
ECサイト
人気ブログランキングへ


お気に入りに追加する
プロフィール

Ms CoinExpert

Author:Ms CoinExpert
Ms CoinExpert 吉岡 美栄
外国貨幣研究家、元ジェミニ代表の平木啓一氏の下6年間、アンティーク貨幣売買に携わり、
2013年11月にCoinExpert.LLCを設立。
Managing Directorとして日々奮闘中。

 

最新トラックバック
新着+関連記事
過去の記事
┗朝晩は涼しく過ごしやすくなってきました。生鮮食品売り場にはブドウやナシなど、秋の食材が並び、目黒のさんま祭りがおこなわれると、いよいよ秋を感じます。今回は【魅力
┗ イギリスにとっての新天地は、カナダを筆頭として、オーストラリアやニュージーランドなどがある。そうした地域は政府発行の貨幣が登場するまで、TOKEN--代用貨幣が広く
┗    スペインから奪取した金銀で作られたVIGO銘のコイン                     イギリス アン女王 VIGO クラウン銀貨 1703年 AU55  1702年
┗ヴィクトリア 1839年 ペニー銅貨 PR65ウナ&ライオンといったクラスのコインともなると誰もが手を出せる代物ではない。しかしながら、ペニーのようなマイナーコインだと
┗ウナ&ライオンーーすなわちウィリアム・ワイオンが刻んだ、ヴィクトリア女王が獅子を従える姿を描く5ポンド金貨は、世界の名品として名高い。何しろデザインが優雅な