Ms CoinExpert のコインニュース

アンティークコインの知識や、最新情報を発信します。
TOP ≫ CATEGORY ≫ 新着ニュース
CATEGORY ≫ 新着ニュース
       次ページ ≫

番組出演のお知らせ

毎週日曜日の13時からフジテレビで放送されている『さまぁ〜ずの神ギ問』に
弊社顧問の平木啓一先生がコイン研究家として出演しました。
番組の放送内容は「ドルなんでSなの?」という疑問に対する見解を各専門家が述べるというもので、
平木先生の述べた説はスペインドルのSと8レアル銀貨のデザインである2本柱からできている
というもの。
最終的に番組の結論としては『アメリカ合衆国製版印刷局の見解によるとペソのPとSが重なったものだが、諸説ある』
ということでした。

番組の放送内容はこちらのyoutubeでご覧いただけます。
https://youtu.be/LW2KWcAlqlY?t=878

さまーずの神ギ問 取材





☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

お知らせ
オンラインショプにてサマーセール開催中!



☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆

メルマガ登録はこちらからどうぞ
アンティークコインにまつわる知識、情報、オンラインショップの新入荷コインの紹介など、定期的に発行しています。

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆


お問い合わせはこちらからどうぞ




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

サマーセール開催のお知らせ

商品入れ替えのため、
オンラインショップで販売中のお品物が
全品20%オフとなっています。
特に金貨などはお買い得です。
是非この機会にお買い求めください。

こちらをクリックするとオンラインショップに移動します→→
CoinExpert  オンランショップ

アンティークコインセミナーのお知らせ

55年のアンティークコインの収集、研究歴をもつ
外国貨幣研究の第一人者平木啓一氏による、
アンティーク貨幣セミナーを6月23日に東京赤坂にて開催いたします。
参加者皆様がコインの鑑定や解説、平木氏と直接お話をできるように、
少人数での食事会形式となっています。
この稀少な機会にぜひご参加ください。

詳細・お申込みはこちらからどうぞ。

ロンドン8000年の歴史を地下で発見

先日、ロンドン8000年の歴史が地下で発見されました。

地下を走る鉄道トンネル、クロスレール・プロジェクトがロンドンの渋滞を緩和する目的で計画されているのですが、
この ヒースロー空港と金融街をつなぐ地下プロジェクトにより、1万点超の英国の首都8千年にわたる遺物が発見されたということです。

ローマのヒッポサンダル(荷物を運搬する動物に履かせた金属製の靴)や数百に及ぶ骸骨。
その埋蔵品の中には西暦245年にさかのぼる古代ローマ帝国の希少なメダルがあったのです。
当時、英国南部はローマ人によって支配されていました。当時の皇帝はフィリップス1世。
フィリップス1世はアラブ出身のローマ皇帝であったため、フィリップス・アラブスの名でも知られています。彼の治世は、伝説上の建国者ロムルスがローマを建国してから1000年の節目に当たり、紀元248年に国家的大行事として『ローマ建国千年祭』が盛大に催されました。

今回発見されたメダルは今までたったの2枚しかヨーロッパで発見されていない大変希少な青銅メダルです。
フィリップス1世が高位の高官へ新年を祝い贈呈したメダルと考えられます。

IMG_0092.jpg
クロスレール・プロジェクトのトンネル工事中に発見されたフィリップス1世の青銅メダル

また、このクロスレールは幾つもの墓地を通り抜けており、その多くが1348年の伝染病である黒死病など、大規模な病の流行までさかのぼります。
このような発見にもかかわらずクロスレールの建設は予定通りに進んでおり、最初の列車が2018年後半、このトンネルを通って乗客を運ぶことになっています。

お問い合わせはこちらからどうぞ




人気ブログランキングへ

古代コインが入荷しました


東京ではティッツィアーノとヴェネツィア派展や大エルミタージュ美術館展などが開催されています。
優しい光で美しい色彩の多いティッツィアーノの作品はおだやかな春の陽気にとても合います。
私も近いうちに足を運びたいと思っています。
ティッツィアーノの作品は同時期に開催中の大エルミタージュ美術館のオールドマスター作品の中にも見ることができます。
ピョートル1世〜エカテリーナ2世の時代にこれだけ壮大なヨーロッパ絵画を集められたというところからも
いかに当時ロシアが繁栄していたかがわかります。

大エルミタージュ美術館展


CoinExpertオンラインショップには古代コインが2点入荷しました。

マケドニア王国  フィリッポス2世 スターテル金貨 BC.359-336 chXF
Philip II, 359-336 BCPhilip II, 359-336 BC2

アレクサンドロス大王の父として有名なフィリッポス2世のコイン。
ウェルセンターでコインの形も非常に綺麗な状態です。


ローマ デナリウス銀貨 マーク・アントニー/ユリウス・カエサル B.C.43年 AU 

denarius caesar antony2
denarius caesar antony

表にはマークアントニー、裏にはユリウルスカエサルが描かれたコイン。
このコインに描かれた両者の共通点が興味深いです。




お気に入りに追加する
プロフィール

Ms CoinExpert

Author:Ms CoinExpert
Ms CoinExpert 吉岡 美栄
外国貨幣研究家、元ジェミニ代表の平木啓一氏の下6年間、アンティーク貨幣売買に携わり、
2013年11月にCoinExpert.LLCを設立。
Managing Directorとして日々奮闘中。

 

最新トラックバック
新着+関連記事
過去の記事
┗朝晩は涼しく過ごしやすくなってきました。生鮮食品売り場にはブドウやナシなど、秋の食材が並び、目黒のさんま祭りがおこなわれると、いよいよ秋を感じます。今回は【魅力
┗ イギリスにとっての新天地は、カナダを筆頭として、オーストラリアやニュージーランドなどがある。そうした地域は政府発行の貨幣が登場するまで、TOKEN--代用貨幣が広く
┗    スペインから奪取した金銀で作られたVIGO銘のコイン                     イギリス アン女王 VIGO クラウン銀貨 1703年 AU55  1702年
┗ヴィクトリア 1839年 ペニー銅貨 PR65ウナ&ライオンといったクラスのコインともなると誰もが手を出せる代物ではない。しかしながら、ペニーのようなマイナーコインだと
┗ウナ&ライオンーーすなわちウィリアム・ワイオンが刻んだ、ヴィクトリア女王が獅子を従える姿を描く5ポンド金貨は、世界の名品として名高い。何しろデザインが優雅な