Ms CoinExpert のコインニュース

アンティークコインの知識や、最新情報を発信します。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2014年03月
ARCHIVE ≫ 2014年03月
      

≪ 前月 |  2014年03月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

アンティーク貨幣の強み

3月だというのに寒い日が続いていますね。
私が子供のころは3月3日ひな祭りは薄手のジャケットだけで小学校へ通っていたように思います・・・・・・。
夏は異常に暑く、冬は非常寒く・・・・・・過ごし難くなって来ています。
ずっと日本に住み続けられるか?最近は考えさせられます。場所によってはPM2,5 の問題が深刻になり ,環境の苛酷さから住めないところが出てくるのではないかと思います。

やはり、そういう意味でも資産のリスク管理は大切だと思います。
定期的な収入を日本円で得ている人々のリスクヘッジは日本円以外での運用をすべきで、不動産など資産を日本に持っている場合は、世界共通の現物資産への分散投資が必要だと思います。

また、世界共通といっても今後成長してゆくだろう国々で共通のということになります。
国の成長を労働力という観点から考えると人口増加(将来の労働力)が重要になってきます。
そうゆう意味ではアメリカとアフリカ、アジアが強いのではないかと考えています。
アメリカは移民を受け入れ人口増加を図っていますし、アフリカの人口増加は顕著です。


アンティーク貨幣は世界共通の現物資産ですので、資産のリスクヘッジとして強い味方になってくれるでしょう。
アメリカは世界最大のアンティーク貨幣のマーケットですし、アフリカは植民地であったため、コインのコレクターが増えてくるのではないかと思います。
スポンサーサイト
お気に入りに追加する
プロフィール

Ms CoinExpert

Author:Ms CoinExpert
Ms CoinExpert 吉岡 美栄
外国貨幣研究家、元ジェミニ代表の平木啓一氏の下6年間、アンティーク貨幣売買に携わり、
2013年11月にCoinExpert.LLCを設立。
Managing Directorとして日々奮闘中。

 

最新トラックバック
新着+関連記事
過去の記事
┗朝晩は涼しく過ごしやすくなってきました。生鮮食品売り場にはブドウやナシなど、秋の食材が並び、目黒のさんま祭りがおこなわれると、いよいよ秋を感じます。今回は【魅力
┗ イギリスにとっての新天地は、カナダを筆頭として、オーストラリアやニュージーランドなどがある。そうした地域は政府発行の貨幣が登場するまで、TOKEN--代用貨幣が広く
┗    スペインから奪取した金銀で作られたVIGO銘のコイン                     イギリス アン女王 VIGO クラウン銀貨 1703年 AU55  1702年
┗ヴィクトリア 1839年 ペニー銅貨 PR65ウナ&ライオンといったクラスのコインともなると誰もが手を出せる代物ではない。しかしながら、ペニーのようなマイナーコインだと
┗ウナ&ライオンーーすなわちウィリアム・ワイオンが刻んだ、ヴィクトリア女王が獅子を従える姿を描く5ポンド金貨は、世界の名品として名高い。何しろデザインが優雅な
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。