Ms CoinExpert のコインニュース

アンティークコインの知識や、最新情報を発信します。
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2015年09月
ARCHIVE ≫ 2015年09月

スコットランド女王【メアリー・スチュワート】の肖像が描かれたコイン

メアリー・スチュアートのスキャンダラスな人生の始まりは、
父ジェームズ5世が急死、生後一週間で王位を継承することから始まりました。

5歳の時にフランス王ランソワ2世のもとに嫁ぎ、フランス王妃となりますが夫の死後スコットランドへ帰国。
スコットランド女王になってからは従弟ダーリン侯と結婚するも、
夫を愛人ボズウェル伯と共謀し、殺害(実際に証拠は上がっていない。)。
その後、国民からの反対を押し切り、ボズウェル伯と結婚。結果、貴族らからの叛乱にあい、廃位されてしまいます。
メアリーはロッホリーヴン城へ移されますが、おとなしくしているはずもなく、脱走・・・・・・。
エリザベス一世と英国王位を争い続けてきたにもかかわらずイングランドへ亡命します。
最後はエリザベス1世廃位の一翼を担い、処刑されてしまいまうのです。

このような、波瀾万丈な人生を生きた彼女はドラマや映画の主人公に取り上げられる事が多くあります。

メアリー・スチュアートをモデルにしたドラマ「REIGN」が2013年からアメリカで放映が開始され、
現在はサードシーズンが放映されています。

しかし、スコットランド女王メアリー・ステュアートの肖像が描かれたコインを見ることは殆どありません。

そんなメアリーの肖像が描かれたテストーン銀貨が先日ロンドンのオークションに出されました。

テストーン銀貨は状態の良いものが少ないなか、メアリー・スチュアートの肖像がしっかりと残っている大変珍しい一枚になります。

落札結果は日本円にして88万円程(手数料込)となりました。


メアリースチュアート スコットランド女王 テストーン銀貨 6グラム


スコットランド女王 メアリー・スチュアート テストーン銀貨 1561年 6グラム very fine


ECサイト




人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コインに見る王たちのヘアースタイル

 コインを眺めていると男か女か性別のはっきりしない人物が、それこそ頻繁に見出せます。
あの悪名高いローマ皇帝ネロも、幼少時代にはさほど目立っていないが、肥満した皇帝時だと長髪の部類に入ります。
 ルネッサン期での代表的な例は、神聖ローマ帝国のマキシミリアン1世でしょう。
ブルグントのマリアと表裏に肖像を描かれたコインが存在するが、このマクシミリアンの髪は背中にまで達しており、
妃が首のあたりですっきり纏めているのとは好対照です。



神聖ローマ皇帝 6ドゥカット金貨 1479年 マクシミリアン1世とブルグントのマリア神聖ローマ皇帝 6ドゥカット金貨 1479年 マクシミリアン1世とブルグントのマリア 2

神聖ローマ皇帝 6ドゥカット金貨 1479年 マクシミリアン1世とブルグントのマリア


 これは1479年――すなわちマリアの死後に発行された、追悼記念の意味を有するコインと言えます。
けれど1500年代になってのグルディナ―銀貨等では、マクシミリアンの髪は肩の上あたりでカットされています。
いずれにしても常識的な男の頭髪より長く、顔をしっかり確認する必要があるでしょう。

 近世ドイツの諸邦は、競って貨幣発行を進めました。莫大なヴァラエティが存在しましたが、そこに描かれた為政者たちの多くは、
女性顔負けの長髪ばかりが目立ちます。
そうした中で神聖ローマ帝国皇帝軍の司令官――傭兵隊長のフォン=ヴァレンシュタインは、19世紀後半
に見られる紳士のヘアースタイルを思わせる、洗練されたものとなっています。

 軍国主義国家と言われたプロイセンは、フリードリヒ1世(1701-13)など、これまた背中の中頃まで伸びる長髪。
その孫のフリードリヒ2世も、例外に洩れず長髪です。
あの大王とよばれた人物ですら当時の流行に逆らえなかったのでしょう。
 そのプロイセン国王ですっきりしたヘアスタイルになったのは1800年に入ったフリードリヒ・ヴィルヘルム4世の時代。
後世の後半にはフランスのナポレオン3世などもそのパターンの肖像が描かれています。
 
 あの170人以上の子をもうけたザクセン王にしてポーランド王――フリードリヒ・アウグスト1世(1696―1733)
なども、イギリスの裁判官を思わせます。
イギリスの方はカツラだが、ザクセン王は自分の毛髪というから驚きです・・・・・。
 そういえばフランスのルイ13世や14世には長いお下げ髪「メシュ・ロング」と短いお下げ髪「メシュ・クルート」があります。
これらのヘアースタイルは必ずしも少女の髪だけに見られるものではなかったのです。


ルイ14世 ルイドール金貨
ルイドール金貨 ルイ14世 [メシュ・ロング]



ECサイト




人気ブログランキングへ
お気に入りに追加する
プロフィール

Ms CoinExpert

Author:Ms CoinExpert
Ms CoinExpert 吉岡 美栄
外国貨幣研究家、元ジェミニ代表の平木啓一氏の下6年間、アンティーク貨幣売買に携わり、
2013年11月にCoinExpert.LLCを設立。
Managing Directorとして日々奮闘中。

 

最新トラックバック
新着+関連記事
過去の記事
┗朝晩は涼しく過ごしやすくなってきました。生鮮食品売り場にはブドウやナシなど、秋の食材が並び、目黒のさんま祭りがおこなわれると、いよいよ秋を感じます。今回は【魅力
┗ イギリスにとっての新天地は、カナダを筆頭として、オーストラリアやニュージーランドなどがある。そうした地域は政府発行の貨幣が登場するまで、TOKEN--代用貨幣が広く
┗    スペインから奪取した金銀で作られたVIGO銘のコイン                     イギリス アン女王 VIGO クラウン銀貨 1703年 AU55  1702年
┗ヴィクトリア 1839年 ペニー銅貨 PR65ウナ&ライオンといったクラスのコインともなると誰もが手を出せる代物ではない。しかしながら、ペニーのようなマイナーコインだと
┗ウナ&ライオンーーすなわちウィリアム・ワイオンが刻んだ、ヴィクトリア女王が獅子を従える姿を描く5ポンド金貨は、世界の名品として名高い。何しろデザインが優雅な